森川拓哉  Takuya Morikawa

 

早稲田大学卒業後、バークリー音楽大学に留学。映画音楽、民俗音楽、ジャズ、即興を中心に学び

帰国後はジャズ、ブラジル音楽、フラメンコを中心に演奏活動を展開。

30ヶ国以上の民俗音楽の演奏家との共演をする中で自分の音を探りつづける。

さらに数々の舞踊作品の音楽を手がけ音楽監督として作編曲、演奏でも多数の作品に参加する。

現在は弦楽器や即興演奏、民俗音楽への造詣と独特の和声感覚を活かした作編曲を評価され

演奏家のプロデュースやテレビ番組の音楽担当を多数つとめている。

 

主な参加作品アーティスト

フラメンコ

小島章司、入交恒子、碇山奈々、森田志保、ロシオ・ロメロ、グラシアス小林、笹岡洋子、フランシス・ヌニェス、パブロ・セルバンテス、稲田進、松丸百合、石川慶子 

 

バレエ コンテンポラリー その他

新国立バレエ団、西島数博、二代目吾妻徳穂、

 

ミュージシャン

森友嵐士、水前寺清子、大野俊三

 

現在放送中の番組

NHK番組 「人生のレシピ 」サウンドトラック担当

 BSジャパン番組 おんが交差点 編曲担当